新たな道を切り拓く

マッチング特化型
営業コンサルティングファーム

お客様と共に

NCU

天使との約束

1997.5.7 私の息子は天国に旅立った。小学1年生たった6歳の春 交通事故だった。
知らせを聞いて駆け付けた病院でまさにICUに運ばれるベットの上の息子と対面した。
その夜医師から聞いた話は「首の骨が欠けて片肺がつぶれ脳が内出血で肥大している。覚悟が必要・・・・」

それから28日間昏睡のまま彼は天使になった。


2年間 いろいろな思いで時を過ごした。その話はここでは割愛しよう。
丁度三回忌を迎えるころ私は息子の死を通して自分の人生もまた有限であることを痛烈に悟った。

 

そして1999.8.17 有限会社ネットカンパニーゆう を設立した。

「ゆう」は息子の名前である。

この会社で成し遂げたかったことは2つ。
1,「綜合商社かつ総合デパート」をネット上に作る
2,能力に拘わらず年齢×1万円の月給と終身雇用を実現する であった。

あまいのかもしれないが「皆が仲良く共に生きることができる」社会にしたいという思いがある。
なぜこんなにもこの世は不公平で不条理がまかり通るのか?
毎日のニュースを見るたびに世界も日本も身近でもいやというほど胸が痛む出来事が多い。
一方そんな中にあっても富も名声も縁遠い素晴らしい人達がこの世にはたくさんいる。
人が善か悪か? そんなことを論じる気はない。
人は誰かにとって良い人であったり悪い人でることもある。
また時間軸においても入れ替わる。あの時は良くても今は違うなんてこともある。

 

なぜ? どうすれば? 自分は何ができるのか? 私は何がしたいのか?

大きき世の中を変えることなど到底できない。
そんな妄想には時間を割けない。
しかし自分が一歩踏み出すことは70億分のイチの一歩何かが変わったとも言えなくはない。


行きついた大きな目標が「年齢×1万円と終身雇用の実現」だった。
明日の飯が確保できて将来に不安なく死ぬまで働くことができる。
そんなコミュニティをつくりたい。そんな仕組みがあっていいはずだ。
万が一病気やけがで働けなくなっても同じ給料を補償し死ぬまで給料が払われ続けるとしたら

(毎年年齢と共に1万円づつ月給は上がるが60歳をピークに毎年下がる80歳の月給は40万円)

社員は一生懸命働くだろうしその会社の存続のために知恵を絞ってくれるのではないかそう思った。
そんな夢のある企業を創りたいと思った。

 

36歳で立ち上げたが数年で手持ちをほぼ失ってもなお何も生み出すことはできなかった。
だから一度あきらめかけていた。できるわけがないと。

2020.9.29 NCU合同会社を立ち上げた。
コロナがきっかけだった。

まさしく世の中が激変した。気象変動が凄まじい。技術革新の波が押し寄せている。
改めて思う。
20歳であっても100まで生きてたった80年しかない。

「いま人生をかけるべき何かのために生きずして何の人生か?」

老いも若きもうつむくことなど何もない。
 

20代の若き経営者がビールケースの上に立ち

「豆腐を数えるように1ちょう2ちょうと売り上げを伸ばす会社にする」と
20足らずの社員に宣言したという話は有名だ。

 

できるできないは正直わからない。
でもやりたい。やってみたい。
どんなにやれてもあと10~20年の人生。

アクセル全開で命を燃やし悔いのない時間の使い方をしてみたい。

 

息子は事故の前日 私にこう言った。
「おとうさん 元気出せよ!」

 

私が沈んだ顔をしていたらかならずあの声が聞こえてくる。

​だからきっと成し遂げられるだろう。

​なぜならこれは天使との約束だから。

​2022.1.29 芳永 尚




 

CENTER_0001_BURST20220410154427353_COVER - コピー (2).jpg

札幌生まれ 北海道育ち

北海道立札幌北陵高校卒 
東北大学工学部機械学科中退

東京リコー・北海道リコーにて法人営業
ドコモショップ運営会社 専務取締役
1999/8(有)ネットカンパニーゆう 代表取締役
2013/3 外資系生命保険会社 法人保険販売

  8千件のテレアポ 300名の経営者人脈

2020/9 NCU合同会社 最高経営責任者

2021/1 営業開始

​  ◎人脈作り大学校 開講​
  ◎経営者育成研究会 スタート
2022/1 出版・講演

  ◎ビジネスエッセイ集「天知無用1~7」発売
  年間2千名の経営者とweb面談

  月に50件のビジネスマッチングを継続中